今月の一枚

今月の一枚
<作品解説>

今年の干支は戌。愛犬家にとっては実に喜ばしい年である。だが、昨年の統計では猫にペットの第一位の座をとられてしまったという。犬は吠えるし、毎日の散歩も欠かせないから飼うのにも苦労がいるからわからなくもない。しあし、愛玩用だけではなく、忠犬ハチや西郷どんの狩猟犬、首にコニャックの樽を付けたヨーロッパアルプスの山岳救助犬、災害時の捜索犬や盲導犬などなど、大昔から人間と犬とのかかわり合いは深い。そのうちまた一位の座に帰り咲くだろう。
我が事務所の近くに、生類憐れみの令を発し犬公方と呼ばれた徳川5代将軍、綱吉ゆかりの神社、市谷亀岡八幡宮がある。普段から愛犬の無事な成長を願って犬連れで参拝をする人が多いが、初詣、成人式?、七五三という節目には、予約を入れてお祓いを受けに遠方から訪れる。手造り、既製品の衣装を身につけて大賑わいである。飼い主の後を追って健気に茅の輪を潜るショットである。

龍子の扉


龍子は、中谷吉隆の俳号です。

新着コーナー

極楽のアート

中谷吉隆ファン待望の 初作品集。

2013/9/4 amazonにて発売開始。
価格1,080円(印刷版)
A5サイズ 本文56ページ49作品

詳しくはこちら

伝えたい昭和中谷取材ノート

今月のテーマ

中谷取材ノート ―御年96歳の瀬戸内寂聴さん―

2018年最初の中谷取材ノート、スタートから第13回目は、瀬戸内寂聴さんとの思い出。貴重な岡本太郎さんとのツーショットも是非ご覧ください。


詳細はこちら
中谷吉隆プロフィール

自分の作品集を作ろう!

龍子応援隊

フォト俳句選手権

しもつけフォト俳句

フォトコン



FACEBOOK